つれづれ日記をめぐる冒険

時代は確実にフルハイビジョンへと流れつつある…

すごい、実に5ヶ月ぶりの更新ですねw
こんヴァンわ。ほ茶です。
ええその通り今までブログのブの字も忘れてたと言われてみるとそんな気がしないでも無いような有るような、でも大声で言いかねるぐらいには忘れてはいないでもないねぇ。さて俺はいったいいくつ否定語を重ねたかなぁ。暇な奴がいたら数えて…ってうわなんだなにをするやめ(ry

_| ̄|●

_| ̄| ((●

_| ̄|    三●


閑話休題。(´ー`)yー~~

さてさて年末ですねぇ…。
年末といったら恒例の年末商戦に決まってんだろヴォケがっ!という感じですが、そういえば去年の今頃はVAIO買ってました…。(ちなみにいろんな方に心配されたんですが、うちのVAIOくんは電池炎上事件の対象外だったので無事に現役稼働中ですw)

んで、やっぱり今年の注目所はなんと言っても次世代DVDの規格である「SONY・松下陣営が誇るBlu-ray VS 東芝・三菱陣営が誇るHD-DVD」の構図に見ごたえがありそうです。
薄型テレビがすさまじいスピードで進化していく中、フルHD(画素数:水平1920×垂直1080)を搭載したモデルが32型ですら続々出てくるようになったこのご時勢。
DVD画質じゃ満足出来ない!ハイビジョンじゃなきゃ嘘でしょ?といったニーズ(というか俺)に答える為に生み出された最先端技術が詰まってるわけで、もう一般の映画のパッケージソフトでは、両者共にぽつぽつとラインナップが出されてはいるのですが…。
またVHSとベータの再来かよ…。
といった意見もあり、ベータで痛手を被った方々は買い控えをしているという話もよく耳にします…。再生機も現状では20~30万するのでしょうがないっちゃしょうがないですけどね…。
まぁここでハードウェア的に一石を投じようというのが家庭用ゲーム機業界で、Xbox360(Microsoft)のHD-DVDに対抗するはPlayStation3(SONY)のBlu-rayといった構図。
どちらも再生機の値段としては破格の4~6万円台で購入できるので、DVDの火付け役となったPS2のような活躍が期待されている訳です。

SONY党信者の自分にとってはなんとしてもPS3(ひいてはBlu-ray)を推したいところではあるのですが…。
いかんせんどこにも売っておらんぞPS3…?
発売日である11月11日には前日から徹夜→当日くじ引き抽選に後輩を導入する万全の体制で臨むも、チャイニーズ転売ヤーにあえなく惨敗を喫する有様だった訳でして…このクリスマス&年末商戦時に何としても手に入れたい所であります…。


結論:ぶっちゃけBlu-rayやHDMIver1.3の実力をいち早くこの目で確かめたいというこの燃え滾る熱い想いが止まらない俺ガイル…。
[PR]
by R34sky-hotya | 2006-12-16 02:25 | 日記
<< PS3がやって来た! テストつらい >>



↑ホットカーペットの上で惰眠をむさぼる管理人の図
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30